HOME-MASTERS(ホームマスターズ)不動産・マンション査定不動産売却&住み替え お役立ちコラム基礎知識知っておきたい不動産の査定方法。「現地査定」と「簡易査定」、その違いと特徴

不動産売却の基礎知識

お住み替えや資産の処分で不動産の売却をお考えの方は、誰もが所有するマンションや住宅を高く売りたい、トラブルなくスムーズに売却したい、とお考えのことと思います。 しかし、ほとんどの方にとって不動産売却は初めての経験であり、不安や心配はつきないことでしょう。
ホームマスターズでは不動産売却が未経験の方でも、不安や心配を払拭できるように、様々なノウハウや基礎知識を読みやすいコラムにまとめました。 あなたの不動産売却や住み替えにどうぞお役立てください。

知っておきたい不動産の査定方法。
「現地査定」と「簡易査定」、その違いと特徴

不動産の簡易査定とは?
所有している不動産の売却を検討する際、まずはその不動産がどれほどの価値があるのか、不動産会社の査定を受けることになります。この不動産査定の方法には、「簡易査定」と「現地査定」という2種類の方法があります。
簡易査定とは、別名「机上査定」とも言われるもので、周辺の他の物件の売り出し状況や、それまでの成約実績、毎年発表される土地の公示価格など、いくつかのデータに基づき、査定価格の概算を算出する方法です。

簡易査定を受ける際は、直接不動産会社を訪ねる必要はなく、電話や不動産会社のホームページなどから申し込むことが出来ます。申込みにあたっては、物件の種類や所在地、建物や土地の面積、築年数などをわかるようにしておいてください。この簡易査定は、最も基本的な情報を基準にして算定される概算であることから、短期間で査定額が提示されると考えてよいでしょう。
不動産の現地査定とは?
一方、現地査定とは、文字通り不動産会社のスタッフが、該当する不動産の現地へ直接赴き、物件の状態や、周辺の環境、室内の状況などを確認して行う査定です。現地を訪問して様々な点をチェックすること自体にかかる時間は数十分〜1時間ほどですが、法規制や周辺のインフラの状況など、細かい調査を要する査定方法のため、詳細な査定額が示されるまでは数日かかる場合もあります。
また、現地査定は、実際の売り出しにも関わってくる詳細な査定価格でもあるため、不動産の権利関係を確認するため、建物図面や権利証、購入時の売買契約書、固定資産税の納税通知書等も準備しておいた方がスムーズに事が運びます。なお、この現地査定で提示される査定額は、例えば同一のマンションや近隣の物件であっても、細かい部分で評価が分かれることがあるため、査定額が大きく異なる場合があります。
2つの査定方法を上手に使い分ける
簡易査定と現地査定は、そもそもの利用目的が異なるため、きちんと使い分ける必要があるでしょう。簡易査定は概算値ですから、不動産売却をするかどうかを決める前に、大まかな売却価格を知りたい場合や、遺産相続の準備として、資産価値を把握しておきたい場合に使われる値と考えたほうがよいと思います。
一方、現地査定は、実際に不動産を下見・調査したうえで、想定される売却期間や現在の競合状況などを勘案したより具体的な価格といえるでしょう。複数の不動産会社に訪問査定を依頼した場合、不動産会社間で提示される査定額に差が出ることもあります。これは不動産会社の販売力の差だけでなく、お客様の売却理由や諸事情を考慮している場合もありますので、最も高い査定金額をつけた不動産会社が一番良いとも限りません。必ず、査定の金額根拠を質問されることをおすすめします。

このテーマを読んだあなたにおすすめ

新築マンション購入時に支払った「修繕積立基金」と積み立ててきた「修繕積立金」は、売るとき戻ってくるのか?

続きはこちら

不動産やマンションを売却するとき、
どんな費用がどれだけかかるのか?

続きはこちら