HOME-MASTERS(ホームマスターズ)不動産・マンション査定不動産売却&住み替え お役立ちコラム基礎知識不動産やマンションを売却するとき、どんな費用がどれだけかかるのか?

不動産売却の基礎知識

お住み替えや資産の処分で不動産の売却をお考えの方は、誰もが所有するマンションや住宅を高く売りたい、トラブルなくスムーズに売却したい、とお考えのことと思います。 しかし、ほとんどの方にとって不動産売却は初めての経験であり、不安や心配はつきないことでしょう。
ホームマスターズでは不動産売却が未経験の方でも、不安や心配を払拭できるように、様々なノウハウや基礎知識を読みやすいコラムにまとめました。 あなたの不動産売却や住み替えにどうぞお役立てください。

不動産やマンションを売却するとき、
どんな費用がどれだけかかるのか?

不動産売却の際にかかってくる費用
一戸建てであれ、マンションであれ、不動産を売却する際に必ずかかってくる費用があります。単純に、不動産を売主様から買主様に譲渡し、その代金を買主様が売主様に渡したら終わりという形にはなりません。不動産が売れたらお金が入るから、特にまとまったお金を用意しておかなくても大丈夫だろうなどと思っていると、出て行くお金が意外にあって驚くことになりますから、どのような費用が必要になるかをきちんと知っておきましょう。
不動産売却に際して必要になる費用は、手続き毎にかかる費用の他、諸費用、税金の3つに分類されます。仲介手数料、印紙代、抵当権抹消費用といったものは手続き毎にかかる費用ですが、そのうち抵当権抹消費用は、売却する不動産に抵当権が設定されている場合にのみかかります。諸費用としては、物件を買主様に売り渡す際のクリーニング費用、退去費用などがあります。
税金としては、売却する不動産が購入時よりも高い価格で売れた際には、その利益の部分に譲渡所得税が課せられます。
仲介手数料はいくら必要になるのか?
不動産売却にかかる費用の内訳は先に述べた通りですが、不動産仲介会社に売却を依頼した場合に必ずかかってくるのが仲介手数料です。不動産の売却が無事完了した成功報酬として支払うお金ですが、その上限金額は宅地建物取引業法で決められていて、物件の売買価格によって異なってきます。仲介手数料の計算方法ですが、200万円以下は5%、200万円を超えて400万円未満の部分は4%、400万円以上の部分は3%のように3段階の料率が適用され、そこに別途消費税が加わります。
例えば、1000万円ちょうどで売れた物件の税別仲介手数料は36万円となります。
●売買価格が400万円超の場合の仲介手数料 簡易計算式
仲介手数料=(売買価格の3%+6万円)×消費税
ただし、仲介手数料はあくまでも成功報酬のため、売れなかった場合には支払う必要のないものですし、契約が履行されるまでは不動産会社からの請求もありません。

仲介手数料は、上記のような計算で算出される額を上限として、それ以下であれば不動産会社が自由に決めることができます。
仲介手数料や諸費用は、しっかりチェックする!
売り主に事前の相談なしに行った広告やクリーニングなどを諸費用として請求して来たり、仲介手数料の計算の中にいれたりするような業者もあるようですが、それは違法です。わかりにくい計算式ということもあり、算定表を見ても細かすぎてわかりにくいことからうっかり見過ごしてしまいがちですが、仲介手数料は何に対して計算されているかをきちんとチェックして、分からないことは担当の営業マンに確認するようにしてください。
また、諸費用に関してもチェックは必要です。ハウスクリーニング代、リフォーム代の提案があった時には、見積もりをとってもらい、金額の確認をしてから発注するようにしましょう。

このテーマを読んだあなたにおすすめ

知っておきたい不動産の査定方法。「現地査定」と「簡易査定」、その違いと特徴

続きはこちら

新築マンション購入時に支払った「修繕積立基金」と積み立ててきた「修繕積立金」は、売るとき戻ってくるのか?

続きはこちら