HOME-MASTERS(ホームマスターズ)不動産・マンション査定不動産売却&住み替え お役立ちコラムノウハウ&テクニックマンションや一戸建てを売るとき、リフォームしてから売るべきか?

不動産売却のノウハウ&テクニック

お住み替えや資産の処分で不動産の売却をお考えの方は、誰もが所有するマンションや住宅を高く売りたい、トラブルなくスムーズに売却したい、とお考えのことと思います。 しかし、ほとんどの方にとって不動産売却は初めての経験であり、不安や心配はつきないことでしょう。
ホームマスターズでは不動産売却が未経験の方でも、不安や心配を払拭できるように、様々なノウハウや基礎知識を読みやすいコラムにまとめました。 あなたの不動産売却や住み替えにどうぞお役立てください。

マンションや一戸建てを売るとき、
リフォームしてから売るべきか?

不動産売却にリフォームは必要?
マンション売却の場合でも、一戸建て売却の場合でも、少しでも早く高く売ることを考えたらリフォームは必要なのでしょうか?それとも、リフォームはしなくてもよいのでしょうか?売却を考える売主様にとって頭の痛いところです。
リフォームはどこをどの程度の規模でどこまでやるかということによってかかる金額が全く異なります。ここでお金をかけすぎてしまうと、多少高値で売れたところでリフォーム費用の回収ができない可能性があります。
売り手としては、きれいでなければ売れない、きれいにしておけば売れると考えがちですが、リフォームは手を入れる場所が多いと、まとまった金額のお金がかかります。キッチンもお風呂も、トイレもなどといろいろ手を出し始めるとトータルで数百万円以上かかってしまうことも考えられます。その分を上乗せして売ると、周りの物件よりも販売価格が高くなり、結果として売れにくくなってしまいます。
リノベーション物件を探している買主様も増えています
マンション売却や一戸建て売却を考える売主側は、きれいな状態の方が高く売れるだろうと考えがちですが、買う側からすると、安く買って、後で自分の好みの形に手を入れる方がよいと考えることも少なくありません。実際、近年はリノベーション目的で割安な中古物件を探す例が増えています。マンションであれ、一戸建てであれ、リノベーションするとなると、一度骨組みの状態まで解体して中身のすべてを作り直す、規模の大きなリフォームをすることになります。
リノベーションすると、内装がきれいになるだけでなく、間取りも設備も買主様の自由にアレンジできるため、立地や環境がよいわりに古くてあまりきれいではないために割安に売り出されている物件を求めている人が少なくないのです。リノベーション物件を探している買主にとっては、壁が汚れていようと、設備が壊れていようと関係ないため、売却を考えている物件の立地によっては何もしないで売り出した方が売れやすい可能性もあるのです。
簡単なリフォームであればプラスになることも
マンションや住宅を売却する際、基本的にリフォームはあまり重要ではありません。なぜなら、買主様も中古物件であることを承知で探しているからです。まったく傷も汚れもない物を欲しているのであれば、中古物件は探さないでしょう。
貸し出すつもりであればリフォームは重要ですが、売りに出す場合はリフォームの必要性はあまりないと考え、一度リフォームしない状態で売り出して様子をみることも大事です。リフォームはそれからでも遅くはありません。
ただし、簡単にできる修繕レベルのリフォームはしておいた方がよいかも知れません。壁紙がはがれていたり、ふすまや障子、網戸などの破れていたりする場合は、やはり直しておいた方が、経年以上に劣化しているイメージを与えなくて済むでしょう。安い費用で直すことができ、劣化したイメージを払拭できる簡単なリフォームであれば、売主様の負担が少ないわりに売りやすさに反映するため、売却の際にも効果的なリフォームと言えるかもしれません。
不動産仲介会社の担当者とよく話し合ってみることをおすすめします。

このテーマを読んだあなたにおすすめ

不動産やマンションが売れやすい時期ってありますか?

続きはこちら

不動産の売却査定。高く査定してくれた不動産会社だからといってベストではない

続きはこちら