HOME-MASTERS(ホームマスターズ)不動産・マンション査定不動産売却&住み替え お役立ちコラムノウハウ&テクニック不動産の売却査定。高く査定してくれた不動産会社だからといってベストではない

不動産売却のノウハウ&テクニック

お住み替えや資産の処分で不動産の売却をお考えの方は、誰もが所有するマンションや住宅を高く売りたい、トラブルなくスムーズに売却したい、とお考えのことと思います。 しかし、ほとんどの方にとって不動産売却は初めての経験であり、不安や心配はつきないことでしょう。
ホームマスターズでは不動産売却が未経験の方でも、不安や心配を払拭できるように、様々なノウハウや基礎知識を読みやすいコラムにまとめました。 あなたの不動産売却や住み替えにどうぞお役立てください。

不動産の売却査定。高く査定してくれた不動産会社だから
といってベストではない

高額査定だけで不動産会社を決めてはいけない
最近は多くの人がインターネットでの無料一括査定などの「簡易査定」を利用しているのではないでしょうか?しかし、簡易査定は間取りや築年数、立地条件など、ごく基本的な条件を入力しただけで算出される概算ですから、あくまでも参考値とお考えになる方が良いでしょう。不動産会社の担当者が実際に現地を見て査定をした場合には、基本条件に個別要因を加味して売却想定額を算出します。より具体的に売却を考えているのであれば、「現地査定」を受けることをおすすめします。

また、査定の種類を問わず、いくつかの不動産会社を選んで、それぞれの会社に査定金額を出してもらうことは一般的ですが、最も高額査定してくれたという理由のみで不動産会社を決めてしまうのは気を付けた方がよいかもしれません。
不動産の査定額は実際の売却価格とはならない
いくつかの不動産会社に現地査定を依頼した場合、同じ不動産を見てチェックした上に、同じ重要書類に目を通して算定した査定額ということもあり、高額査定を出してくれた不動産会社は良心的だと考えてしまうことがあります。しかし、ここで忘れてはいけないのが、査定額はあくまでも「売却想定額」で、その価格での売却を保証するものではないという点です。
査定額を元に売り出し価格を設定し販売したはずが、何か月も売れずに残ってしまうケースもあり、あなたの時間を無駄にしてしまい、最終的に相場を下回って売却することになるかもしれません。
必要なのはアドバイザーとしての不動産会社
不動産売却にあたっては、パートナーとなる不動産会社選びが最も大切です。営業担当者があなたの立場に立って、売却を成功に導くために専門家として適正なアドバイスができることが必要です。きちんとあなたの希望を汲み上げ、「どのような理由でその査定額を出したか」「どのような計画で販売を進めていくのか」「迎合するのではなく、時には厳しい意見なども言えるか」などの点をはっきり教えてくれる不動産会社を選ぶようにすることをおすすめします。

このテーマを読んだあなたにおすすめ

マンションや一戸建てを売るとき、リフォームしてから売るべきか?

続きはこちら

不動産やマンションが売れやすい時期ってありますか?

続きはこちら