不動産買取Q&A

買取について、お客様から特に多く寄せられるご質問にQ&A方式でお答えします

1
不動産の買取とは、具体的にどんなことですか?
2
不動産買取と不動産仲介との違いはなんですか?
3
買取価格と、仲介の場合の価格の違いは何ですか?
4
買取の査定方法はどのように行なうのですか?
5
不動産買取の査定は、直接物件を見に来るのですか?
6
築年数の古い物件や、汚れの目立つ物件でも大丈夫ですか?
7
契約の際に必要な書類は?

不動産買取Q&A

1
不動産の買取とは、具体的にどんなことですか?
1
お客様の不動産を、不動産会社が「直接買い取る」ことをいいます。住まいを売りたい、買い換えたいとお考えの場合、仲介不動産会社に売却の依頼をして、買い主を探してもらうのが一般的です。しかし、急な転勤などで不動産を早期に売りたいとお考えの場合には、不動産会社に直接買い取りを依頼することもできます。
2
不動産買取と不動産仲介との違いはなんですか?
2
仲介の場合、不動産会社はお客様の不動産を購入する買い主を探し、成約するとお客様から仲介手数料をいただきます。一方、買取りはお客様と不動産会社が話し合って価格を決め、売買契約を結びます。その際、仲介手数料は発生しません。
3
買取価格と、仲介の場合の価格の違いは何ですか?
3
一般的に仲介の場合、売却に必要な期間は平均して2〜3カ月間といわれます。仲介を前提とした査定を行なう場合も、特に考慮する事情がなければ、2〜3か月の間に売却できるであろう価格を算出します。これに比べて買取の場合、不動産会社が即決できる価格を算出しますので、仲介と比較すると価格が低くなるケースがほとんどです。
4
買取の査定方法はどのように行なうのですか?
4
周辺地域での成約事例や路線価を基準に、築年数や間取り、日当たり、住環境や利便性など、不動産の長所・短所を見て総合的に判断します。
5
不動産買取の査定は、直接物件を見に来るのですか?
5
まずはオンラインの無料査定にお申込みください。その後、お客様のスケジュールに合わせてお伺いをさせていただきます。
6
築年数の古い物件や、汚れの目立つ物件でも大丈夫ですか?
6
物件の地域や状況によっては買い取りができない場合もありますが、まずは無料の買取査定をお申込いただくことをおすすめします。基本的には現況の状態で買取りを行いますので、お客様の方でリフォームなどを行う必要はありません。
7
契約の際に必要な書類は?
7
身分証明証、住民票、印鑑証明書、登記済権利証、実印が必要です。※住民票、印鑑証明書は発行から3か月以内のものが必要です。