ホームマスターズ座談会

ホームマスターズを運営する4社で活躍する営業マンの皆さんに、現場での経験を活かした貴重な体験談やご意見を話してもらいました。
不動産仲介会社4社が直接運営するからこそ実現した、現場営業マンの声をお伝えします。 ※2015年7月実施

テーマ7

4社には、それぞれ「設備保証サービス」がありますが、
これを利用されるお客様は多くいらっしゃいますか?
このサービスの具体的なメリットやご感想などをお聞かせいただけますか?

長谷工リアルエステート:
設備保証サービスは買主様・売主様の双方にメリットがあり、既存住宅取引に安心感を与えるものだと思います。実際に築20年超の物件を購入検討していて、住宅設備の故障を心配されていたお客様も保証がついていることで購入の決断をすることができました。
設備保証サービスに続き、安心して既存住宅取引が行なえるような新たな仕組みやサービスが、今後も普及していくと良いと思います。


三菱地所ハウスネット:
設備保証サービスの有無は、査定の段階でお客様が仲介会社を選択する重要な要素となる時もあります。
当社では導入当初、サービスの認知度を上げるため、キャンペーンとして設備保証サービスの費用負担を行なったこともありました。
設備保証サービスの内容・メリットについては、お客様にはわかりにくい部分も多いため、どのようなケースで役に立つのか、ご利用いただくに際しては安心いただけるように細かくご説明しています。

大京穴吹不動産:
設備保証での売買で、実際に保証をしたという事例は今のところありません。いま、設備保証は各社がつけていますが、そのサービスがあるからその会社を選んだ、ということは無いと思います。部屋の魅力を感じて購入したお客様に対して、付帯的なサービスとして安心して頂くということはあると思います。各社でサービス内容が多少異なります。お客様に選んで頂けるように今後も各社のサービス内容は競い合いながら発展していくと思いますよ。



大成有楽不動産販売:
設備保証サービスや瑕疵保証保険などについては、今では多くのお客様がご存知でいらっしゃいますが、まずは物件自体の魅力が第一優先ですので、アピール度としては、あくまでもプラスアルファというところです。
ただし、実際には保証があったおかげで、売主様も救われたケースもありますので、やはり有益なサービスですね。

  • いくら位で売れるのか、売却相場を判断する上で一括査定は有益。
    査定を依頼する会社数は、実績のある大手であれば3〜4社で十分。
  • 机上査定で高い金額の査定をした会社が、本当にその金額で売れるかは疑問。
    査定金額の高い安いより、査定の根拠・理由をしっかり知ることが重要。
  • 具体的に売却を考えているなら「机上査定」より、直接不動産会社の営業マンに会える「現地査定」で、現実的で適正な売値を知ることがおすすめ。
  • 不動産会社を決めたら、営業マンのアドバイスに耳を傾けることが大切。
    スムーズな売却には、売主様の理解や協力も大切。
▼STEP1

種別を選択してください。

▼STEP2

都道府県を選択してください。

▼STEP3

市区町村を選択してください。

▼STEP4

町名を選択してください。

[読んでためになる] 不動産売却&住み替え お役立ちコラム

知っておきたい不動産の査定方法。
「現地査定」と「簡易査定」、その違いと特徴

続きはこちら

不動産やマンションを売却するとき、
どんな費用がどれだけかかるのか?

続きはこちら

不動産を売却するとき、税金はどれくらいかかるのか?

続きはこちら

不動産の売却査定。高く査定してくれた不動産会社だからといってベストではない

続きはこちら